Loading...
梅澤 ひろこ

弦楽器コンサルタント/ディーラー

神奈川県茅ケ崎市出身。

1993年、英国王立音楽院(弦楽器科ヴァイオリン専攻)に留学のため来英。

かねてより親交のあったレイチェル・ダグラス氏に誘われ、1996年から7年間、ヴァイオリン商「Frederick Phelps Ltd」(ロンドン)に勤務。弦楽器業界の基本や楽器販売におけるカスタマーサービス等、ヴァイオリンディーラーとしての必須知識を学んだ。

2004年、チャールズ・ベアー氏率いる(当時)ヴァイオリン商「J&A Beare Ltd」(ロンドン)に入社。セールスマネージャーとして、世界的に著名な演奏家や財団、オーケストラ、学生等、幅広い層の顧客対応、ディーラーとの交渉を行った。アントニオ・ストラディヴァリ、ジュゼッペ・グァルネリ “デルジェズ”、フランソワ・トゥルテ、ドミニク・ペカット等の名器や弓の商談に数多く携わり、楽器と演奏者を繋ぐ仕事への情熱を育んだ。

2015年4月にロンドンで独立。これまでに培った豊かな知識と経験、チャールズ・ベアー氏(現「Beare Violins Ltd」)との長年に渡る信頼・協力関係、世界中のディーラーとのネットワークを生かし、弦楽器コンサルタント/ヴァイオリン・ディーラーとして活動。楽器の売買を通じ、世界と日本を繋ぐ役割を果たしたいと考えている。

Hiroko Umezawa

サービス

楽器業界での20年以上に渡る経験と世界中のディーラーとの人脈を生かし、お客様の希望するヴァイオリン及び弦楽器のご購入と売却のお手伝いをしています。

ひとくちに「ヴァイオリン」と言っても、17世紀18世紀に作られた古い名器から、高い職人技術で製作された新しいものまでさまざまです。ご購入をお考えのお客様の場合、ご予算やサイズ、好みの音色等のご希望をしっかり伺った上で、ご要望に応える楽器を探します。

ロンドンは「世界でもっともヴァイオリンが集まる場所」のひとつです。老舗の楽器店も多く、毎年春と秋にはロンドンのオークションハウスが競売を行います。情報もロンドンに集約するため、購入・売却のどちらにとっても最適な場所です。この地でサービスを行うことの利点をフルに活かして業務を行っています。

売却をお考えの場合、毎年1回東京で開催している無料査定会(私とロンドンの大手オークションハウスとの共同主催)をぜひご利用ください。わたくしも必ず会場におりますのでお声がけください。

特に古い楽器の場合、鑑定書の真偽はご購入・売却の大きなカギとなります。世界的に権威のある鑑定士との信頼関係や熟練職人たちとの太いパイプを使い、鑑定書の作成コーディネートや古い書類の信ぴょう性等の確認も可能です。ご相談ください。

まずはお気軽にお問合わせください。学生の方から演奏家、財団やオーケストラなどの法人様まで、お客様各々の異なるニーズに沿うご購入・売却を数多くサポートしてまいりました。ご要望を伺った上で、リクエストに丁寧にお応えすることを信条としています。


■主な業務内容

ヴァイオリンをはじめとする弦楽器のご購入・売却のお手伝い

鑑定書作成コーディネート・書類の確認

東京での無料査定会(年1回)をロンドンの大手オークションハウスと共同主催

ロンドンやイギリス国内の楽器店への訪問アレンジ(アポイント入れ)とアテンド

イギリス開催のオークションへの参加アレンジやアテンド、代行入札など

Hiroko Umezawa

お問い合わせ

全て入力必須項目です